ごめんね泣かせてばかりの僕で


これからも手と手を恋人繋ぎで許すのは

僕は君 君は僕を最後と誓おう