読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

協奏曲


2007年に発売されたBase Ball Bearの17才というアルバムの中の1曲なんですが、とにかく私はこの曲が大好きで…って何もう10年経ってるんですか!?怖い……!!!!


Base Ball Bearらしくないと言えばらしくない曲なんですが本当に素敵な曲でこれをカラオケで歌われたらもう…落ちます…


当時かなり荒んでひねくれていた私にまさかこんなどストレートな曲が刺さるなんて自分でもびっくりしましたが、本当にこんな風に他人にいつか思われたいって素直に思って辛くて泣きました







お互いに持った恋の古傷を

見ても揺れたりしなかった


「それもそうだね」と

「よく頑張ったね」なんて

出会ってよかった 君しかいないよ



すべて一人で決めてた

すべて一人で考えてたのに

ふたりになって

ふたりで考えた道だ

いつもそばで笑ってよ

いつもそばで笑わせてあげるよ


ずっとふたりで笑っていたいなぁ









10年経った今、こんな風に誰かに思われるような人間になれたかと聞かれたら自信はありませんが、恋愛だけでなく他人に対して関心を向けて人の気持ちを少しは考えられるようにはなったのかな…まだまだだけど!たまに後先考えないで傷つけちゃうけど!それでも今でも一緒にいてくれる人たちには本当に感謝してるし、これからもっと大事にしていきたいです


昔の日記とか読み返すと今でもヘビロテして聞いてる曲を聞いていて時の流れの早さに泣きそうになるけど、10代で好きになった曲を今でも好きでいるとその分思いも大きくなるというかいい意味でも悪い意味でも自分の体験してきたことが重なって膨らみまくる。そのせいで聞けなくなった曲とか何曲もあるしなぁ


若いころみたいに新境地開拓ばんばん出来てはいないけど今でも好きなんだなぁって思いました


ベボベの楽曲はこの年になっても青春時代の脆さ儚さ青さを感じられて大好きです。